平安装束体験所
アクセスマップ お問い合せ
株式会社 弥栄 (いやさか)
〒604-0831 京都市中京区二条通高倉西入
TEL:075-255-1028 FAX:075-231-2217
 
HOME 装束体験 婚礼貸衣装 記念写真 平安装束体験について 装束制作 ENGLISH
 
  装束体験  
 
装束体験について
体験装束一覧
装束体験の流れ
装束体験風景
装束体験料金表
装束体験お申し込み
体験装束一覧: 直衣布袴(のうしほうこ)
束帯衣冠直衣布袴直衣狩衣
小袿十二単細長高級十二単 子供装束
直衣布袴
直衣布袴
 直衣(のうし)の最も儀礼正しい着装方です。 直衣に 下襲、裾を付け、 指貫をはく構成です。
 一日晴れの衣装です。
 
  10世紀ごろに,高貴な方が、宴会などの私的な晴れの行事に、盛んに用いられてました。
 源氏物語54帖の中の「花宴」帖で、光源氏が、桜の唐の綺の直衣に、葡萄(エビ)染の下襲を、長く引いた「大君姿」で登場する有名な場面が有名です。

 平安時代だけでなく、室町時代の足利義持(4代将軍)は、特に臨んで、紅梅の直衣の直衣布袴を、着用しました。
 紅梅直衣の文様は、梅の散花で、紫地の孔雀や、花が縫ってある平緒を使用したようです。
  1. 下袴をはく。
  2. 単を着る。
  3. 指貫(さしぬき)をはいて、
  4. 下襲(桃重ね、定家立涌)を着て、裾(桃重ね、定家立涌)を、つける。
  5. 直衣を、石帯で留めて、前をかいこむ。
  6. 冠をかぶる。
直衣布袴
直衣布袴
直衣布袴 直衣布袴
直衣布袴 直衣布袴
 
 
 ▲トップに戻る
 
 
 
 
サイトマップサイトポリシー
Copyright 2010 平安装束体験所,All Rights Reserved